30代男性のスキンケア 泥石鹸の選択

顔の汚れって普通に洗顔しただけじゃなかなか落ちないもの。特に男性の皮脂汚れ等は十分洗ったと思っていても、あとでフェイスペーパーで拭いてみると真っ黒だったり、あるあるです(わたしだけでしょうか)。30代男性のスキンケアを見直します。

正しいスキンケアをしよう

自分の経験ですが、洗顔をしてもすぐに脂っぽくなるので、顔を洗うこと自体顔の汚れを軽く取るぐらいのことで重要視していなかったこと。結果としては正しいスキンケアができていなかったということなのですが、洗顔後には化粧水や乳液を付けてきちんと保湿する必要があります。洗顔後にお肌を乾燥させたままにするから、脂を出しててかてかになってしまいます。あらかじめ、化粧水を乳液で覆って余分な脂を出さないようにする必要があります。脱毛をしにいくようになって、毎回保湿が大事と言われてやっと気づきました。

洗顔料を選ぶなら泡石鹸を選ぼう

洗顔はよくゴシゴシ洗うと良くないと言われますが、具体的には指で肌をこする行為が良くないようです。それだけでお肌にダメージを与えてしまい、習慣的に繰り返すことでくすみやシミの原因になります。将来的に老け顔にならないように男性でも気をつけて洗顔をする必要があります。

とはいえ、そんな優しく洗っていたら洗顔が数分では終わりません。そんなの続かないのがわかっているので、できるだけ正しい洗顔が行いやすい洗顔料が必要です。そこでおすすめなのが泡石鹸で、濃厚なよく泡立つ泡石鹸が良いです。

毛穴の黒ずみを消すという沖縄発の泥石鹸が話題です。

いるじゅらさといういかにも沖縄っぽい名前の石鹸は、超微細な粒子が皮膚の細かい毛穴の奥にまで入り汚れをとってくれるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする